読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツールドおきなわ2016-前日-

表題の通りですが結果は市民210kmを82位でなんとか完走。

つらつらと前日のお話から始めていきましょう。

まずエントリーしたのが9月。レースが11月。結構ギリギリだったみたいで市民100kmなんかはすでに受付終了。140kmもあったけれどまあいいかと脳天気に210kmへポチッ。せっかくなら沢山走りたいものね。

その後あかしさんからレースの完走率を聞いて後悔が有頂天するわたし。旅費を計算して真っ青になるわたし。いろいろ準備することでめんどくさくなるわたしの計3人でお送りいたします。

まず福岡空港からしか那覇空港行きがありません。最寄りが北九州空港なわたしにbad。さらに那覇から開催地の名護市に移動するまでレンタカーが必要。経費up。

そして名護市のホテルはすでに満願御礼。売り切れsoldout寝耳に水泣きっ面にミルクは盆に返らず。

各経費を計算すると

エントリーフィー:18,000yen

飛行機代早割り(skymark):行き13,000yen、帰り16,000yen

レンタカー代1泊2日(フジレンタカー):vitzを借りて6,000yen、保険代500yen×2

レンタカーガソリン代:2,000yen

宿泊費(天空オキナワ):4,000yen

ちょうど6万円ですね。相当きつかったです。どうせレンタカーを借りるからと10kmほど離れたところに宿を取りました。沖縄のビジホって外見古いアパートみたいなのが多いんですがわたしのところは民宿。オーナーもちゃんとしていて良かったです。

いろいろ勢いでエントリーするレースじゃなかったというのが正直なところです。

IMG_9750.jpg

空港に到着するとレンタカー送迎用場があるのでそこから店舗へ移動。車を借りることに成功。この時にオプションで払った保険金がわたしを救うのであった.....。

早速ご飯ということでそば処たから家へ。太麺細麺選べるのだけれど太麺をチョイス。スープが優しくておいしい。

IMG_9756.jpg まだまだ食べるわよ!ということでらぁあめん花月嵐へ。めっちょ油っこいスープに中華麺チック。さすがにお腹いっぱい。

人に会う約束をしていたけれど少し時間あるわねってことで国際通りへ。コインパーキングを探してうろうろ。。。。やっと近くて良さげなところを見つけて駐車。教は頑張ってバックで入れるぞ!!って思ってるとガッッッッという音で車が止まる。

はてなを浮かべて確認すると車止めのプレートが上がっているではありませんか!(分かるはず)

まあ入れたなら出られるでしょとアクセルを踏むとギャリリリ!!!すぐにブレーキを踏み踏み。ネズミ返しになっているし、仕方ないのでこのままにするかと思うものの他の車の邪魔かしらんと駐車の枠に入れるためにバックへ。やめておけばいいのに。。。。

再びバックで踏むとまたギャリリリ!!!という音がするので慌ててブレーキ....を踏もうと思ったら踏みかえたつもりでアクセルをめいっぱい踏み込み憐れ車は車止めを乗り越えポールに激突。ハッチバックがめっきょりと凹んでしまいました。。。。DSC_0691

 

動揺してたんでしょうね。さらに動揺しました。ツイッターで泣き叫んだり家族と連絡を取って何とか平静をとりもどしてレンタカー会社へ電話をしました。オプションの保険に入っているので自損で自走可能ならおそらく修理代等は発生しない。明日の返却で良いとのこと。

申し訳なさすぎたのですが何とか移動手段として使える、明日のレースに気分を引きずり込んでもいけないということで今を楽しむべく国際通りへ。IMG_9773.jpg

修学旅行?な学生や観光客がたくさんで沖縄旅行って感じです。あと意外と繁華街は短い感じかしら。IMG_9767.jpg

 沖縄なのに狛犬

IMG_9790.jpg

龍が如くで見た気がする!

IMG_9789.jpg

こんかんじだった気がする!   IMG_9760.jpg

沖縄に来たらとりあえず寄ってみたいと思っていた沖縄輪業さんへ。

ツールドおきなわ2016

名護に移動するとゲートも設営されていて明日はレースなんだと感じる心と、ゲートを素通りする車の現実を感じる。

ツールドおきなわ2016

貰った食券を使ってソーキそばを再び食べて、宿に移動。明日をむかえよう。