読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金峰山行った

阿蘇行きたいなって思ったので友だちに声をかけて半ばムリヤリ連れ出した。反省はしてない。彼は自由にもっと走るべき。

前日の夜はこれ。 IMG_3132

とりあえず宋運に行きますよね。ぜひ皆さんもどうぞ。次点で天外天が好きです。熊本ラーメンが食べたいって言うんならこむらさきに行けば良いんじゃないかしら。 IMG_3136

とんこつ細麺ですよね。最高においしい。

替え玉を挟みながら美味しくいただきました。ちょっと夜も更けてきたのでこの辺で帰ります。明日は早起きしないといけないものね。

AM8:00アラームの音で目が覚める。まだ寝たいとぼやくカラダにむち打って起床。そして友だちにモーニングコール。おはよう。

無事に起きることが出来たみたいなので合流。阿蘇に行くには57号を通って大津・立野を経由するんですが地震の影響で大津からは通行止め。ミルクロードを通って行くことに。特に何の問題もないですね。

それよりも金峰山でタイムを計っておきたかったので渋る彼を追い立てて寄り道。阿蘇からは真逆なんですが行きたいものは仕方ないです。

IMG_3238

麓から登り始める先輩。

タイムアタックなら問題ないよねと各々のペースで走ります。ジャージなかなかいかしてますね。

梅雨の合間の晴れた日曜日。なかなか人が多くて楽しかったですよ。

コースはほぼ完全に把握しているので一生懸命頑張ります。少し日和って踏み抜けなかったのですが昨年度のベストタイムを1分以上短縮。当時はNITE、今回はR500。それでも大幅に短縮できたのでとても嬉しかったです。

IMG_3176 峠に先着したのでカメラで登ってくる人をパシャパシャ撮っていました。こういう場合、単焦点だと構図に限界があるのでますますズームが欲しくなりますね。全く知らない人でもピースしてくれたりと嬉しかったです。データを渡せたら良かったんですけれど。

IMG_3187

最後に差される先輩の図。青い人は知らない人です。

先輩もわたしも疲れたし、めんどくさい気持ちが勝ってきた。天気が微妙。何より寒いので阿蘇行きは中止して温泉へ。

金峰山を少し下り、ナルシストの丘を経由して草枕温泉てんすいへ。漱石さんが関係あるらしいけれどそんなこと関係ない。温泉だ温泉。

1時間ほど浸かったり冷ましたりを繰り返してお昼ご飯へ。ちょっと近くにあるお蕎麦屋さんへ。

IMG_3412 前菜が凝ってます。佃煮?甘露煮?っていいですよね。

IMG_3426 天ぷらと蕎麦定食2000YENくらい。高いけれど自転車に乗った日のごはんは豪華にって決めてるの。蕎麦やうどんはすぐにお腹減るので自転車と相性が悪い気がしますが、今日はもう走らないので全然おっけー。

IMG_3431

蕎麦。傍。

IMG_3419

サクサクの天ぷらは最高においしい。その上カロリー補給にももってこい。エビと大葉は外せないし蓮根はサクサク。白身もおいしい。

猛烈な勢いで食べる先輩を面白がりながらごちそうさまをして来た道をダラダラ戻る。玉名側から金峰山に登るのは景色も勾配も面白くない気がします。

IMG_3470

先行する先輩の図。晴れてきて阿蘇行きを変更したことをちょっと後悔したり。こんど行けば良いかしらね。

IMG_3482

IMG_3484 何事もなく戻って本日のライドは終了。先輩の後輩やお友達の自転車を眺めたり、おしゃべりをしてゆっくりしました。今度は一緒に走りましょうね。