読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかん色の旅行記

幾夜魘されたか知らない悪夢。目の前。僅かな一跨ぎ。それが出来ないオフトゥンの中でわたしは喘ぐ。身に絡みつく毛布を振りほどこうとして...。

うるさいアラームを止める。まだ出発の時間まで余裕がある 。隣のオフトンではまだがんちゃんさんが寝ていたので声をかけたけれど、疲れているのかしらオフトンからは出てこない。

仕方ないわねとペプシを飲みながら待っていた。

起きてきたら着替えてコンビニへ。朝ご飯は準備していなかったの。

f:id:yoichi2501:20151118151602j:plain

バナナもらっちゃった。ありがとうございます。

ここから健軍にある浮島神社へ。自転車のお守りがもらえますよ。

f:id:yoichi2501:20151118151756j:plain

朝早くなので社務所に誰もいなかったのですが、電話したらわざわざ来てくださいました....。ありがとうございます。

f:id:yoichi2501:20151118151807j:plain

お守りを購入。アルカンシェル柄。がんちゃんさんはマイヨ・ア・ポア柄。

f:id:yoichi2501:20151118151742j:plain

瀬田神社へ。湧き水が汲めるので助かります。水道水とは味が違う...。

f:id:yoichi2501:20151118151608j:plain

ファミリーマート阿蘇白水店で補給。B&G海洋センターで泳いでいたというお姉さんから補給食を沢山いただいてしまいました。ありがとうございます。ここに来るまでで既に脚を攣りかけていたわたしはすぐにMag-onをゴクリ。初めての味だ...。

今回は南登山道(吉田線)から登っていきます。ファミリーマートは進入の目印。

f:id:yoichi2501:20151118151649j:plain

早速登りが始まるとみるみる離される。はやい...。

既に視界からがんちゃんさんの姿は消えていたけれど、距離が広がらないように全力で踏み続ける。踏む、踏む、踏む、真っ白。

大粒の汗と糸を引いて落ちていく唾液。ただ頂上をめざして脚を回していた。

いくつの丘陵を超えても火口は見えてこない。もう...なんて思っていたらがんちゃんさんが降りてきた。独りだとつらいだろう?って。

ムスタング式だ!この人イケメンすぎる...。でも、死にそうな私にペースを合わせてまた登る余裕がある。そのことに恐怖した...。

無事に火口に着いて休憩。噴火の影響で火口まで行けないので、正確には火口前駐車場。閉鎖してて助かった...。

その後、阿蘇市街の方へダウンヒルして、いまきん食堂へ。しかし、そこそこ早い時間(at 11:30)に着いたのに売り切れ。お盆すごい...。

赤牛を食べないことには阿蘇を走ったことにはならない!ということで調べてはな阿蘇美へ。

f:id:yoichi2501:20151118151627j:plain

あか牛ステーキ丼1850円。デザートと飲み物食べ放題。

f:id:yoichi2501:20151118151639j:plain

外輪山を登っていく。速くて、再び待ってもらってました。大観峰を登って。

f:id:yoichi2501:20151118151721j:plain

ラピュタの道へ。土砂崩れなどでせっかくですが通ることが出来ませんでした。復旧未定。

f:id:yoichi2501:20151118151725j:plain

険しい道。

f:id:yoichi2501:20151118151828j:plain

帰りの新幹線の時間もあるので熊本市街へ戻ります。熊本ラーメンこむらさき本店へ。おいしいですよね。ここでもご馳走になってしまいます。ほんとありがとうございます...。

はじめてのことで満足に案内できなかったですが良い旅になっていたらうれしいです。次に走る機会もきっとあるでしょうからその時に。